ブートストラップを実行するには、レポートウィンドウ内のテーブルで、統計量の数値列を右クリックし、メニューから[Bootstrap]を選択します。選択した列が強調表示され、「ブートストラップ」ウィンドウが表示されます。このウィンドウでオプションを選択し、[OK]をクリックすると、選択した列のすべての統計値に対してブートストラップが実行され、デフォルトの結果テーブルが表示されます。
ベイズ流のブートストラップ分析を実行します。ブートストラップを実行するたびに、各データ行に対する重みが適用されます(重みの計算方法については、小数の重みの計算を参照してください)。この重みを使って、目的の統計量が計算されます。デフォルトでは、このオプションは選択されておらず、通常の単純なブートストラップが実行されます。
ブートストラップで得られた統計量を、結果のデータテーブルにおいて列ごとに分割します。このデータテーブルでは、各行が、ブートストラップ標本1組に対応しています(ただし、最初の1行目は、観測されたデータに対するものです)。
[選択された列の分割]オプションを選択した場合のみ選択可能)生成される結果のデータテーブルの数が決まります。
このチェックボックスをオフにした場合は、以下の2つのデータテーブルが作成されます。
このチェックボックスをオンにすると、[選択された列の分割]の処理が成功した場合は、積み重ねた形式のデータテーブルは破棄されます。