積み重ねた形式のデータテーブルにおいては、[分析]>[一変量の分布]を選択し、列を選択して役割を割り当てます。ほとんどのケースでは、元の表で1列目になっているものを[BY]に割り当てればうまくいきます。
その「一変量の分布」レポートでは、2種類のブートストラップ信頼限界が計算されます。また、「BootID•」列があるテーブルについては、「ブートストラップ信頼限界」レポートも生成されます(図10.6 )。
「分位点」レポートには、分位点による信頼区間が示されます。たとえば、分位点に基づいて95%信頼区間を求めるには、2.5%と97.5%の分位点を、下限および上限として使用します。
「ブートストラップ信頼限界」レポートには、バイアス修正済みの信頼限界が表示されます。信頼水準が95%、90%、80%、50%の信頼区間が示され、「BC下側」列および「BC上側」列には、それぞれ下限と上限が表示されます。バイアス修正済みの信頼限界の計算については、バイアス修正済みの信頼限界を参照してください。
図10.6 「ブートストラップ信頼限界」レポート
「ブートストラップ信頼限界」レポートの下にある「元の推定値」は、観測された元データから算出された推定値です。
「ブートストラップ信頼限界」レポートの解釈の詳細については、ブートストラップの概要を参照してください。分位点に基づいて信頼区間を求める方法(バイアス未修正および修正済みのもの)については、Efron(1981)が説明しています。