[工程能力分析]オプションでは、工程が特定の仕様限界に適合しているかどうかを測定します。工程能力は、デフォルトでは正規分布に基づいて計算されますが、連続分布または離散分布のあてはめを行った場合は、あてはめた分布に基づいて工程能力のレポートが生成されます。あてはめた分布に基づいて工程能力を求めるには、[仕様限界]を選択するか、または[仕様限界]列プロパティを設定します。変数の[工程能力分析]オプションを選択すると、「工程能力分析」ウィンドウが表示されます。このウィンドウで、仕様限界、分布の種類、シグマについての情報を入力します。
メモ: 仕様限界を列のプロパティとしてデータテーブルに保存するには、[保存]>[仕様限界]を選択します。次に工程能力分析を再実行したとき、保存済みの仕様限界が自動的に読み込まれます。
<分布の種類>
シグマ(s)の推定値が選択した手法で計算されます。工程能力分析を参照してください。
メモ: 環境設定で「Ppk工程能力ラベル設定」をオンにした場合、全データから推定した工程能力統計量には、「Ppk」というラベルが付きます。この環境設定を確認するには、「環境設定」ウィンドウを開き([ファイル]>[環境設定])、[プラットフォーム]>[一変量の分布]を選択します。
「シグマクオリティ」は、シックスシグマ分析の基準として使用するもので、Process Sigma(工程シグマ)とも言います。工程能力分析を参照してください。
ベンチマークZの値を、「指数」という列に表示します。この指標については、『AIAG Statistical Process Control』マニュアルで説明されています。平均と仕様限界との差を、標準偏差を単位として表した指標です。Z USLおよびZ LSLは、それぞれ上側仕様限界と下側仕様限界までの平均からの距離を表します。工程能力分析を参照してください。
関連情報