「一元配置」は、「二変量の関係」のプラットフォームにおいて、Yが連続変数で、Xが名義/順序変数の場合に使われるものです。追加で行った統計分析の情報は、プロットにも重ねて描かれていきます。結果を対話的に操作して、次のような分析を追加で行うことができます。
図5.1 一元配置分析
目次