1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Penicillin.jmp」を開きます。
3.
「反応」を選択し、[Y, 目的変数]をクリックします。
4.
「Ln用量」を選択し、[X, 説明変数]を選択します。
「度数」が自動的に[度数]に設定されます。これは、[度数]の役割が、あらかじめ「度数」列に割り当てられているためです。
5.
[OK]をクリックします。
6.
7.
「Cured」を陽性として選択します。
8.
[OK]をクリックします。
この例では、「反応」を応答として、「Ln用量」を説明変数としています。応答を予測する確率が、前述した説明によって計算され、それらの結果に基づきROC曲線が描かれます。なお、「ROCテーブル」では、「感度-(1 - 特異度)」が最も大きい行にアスタリスクが付けられます。
図7.9 ROC曲線と「ROCテーブル」の例