ウサギを用いた試験をもとに、50%の確率でウサギが治癒する投与量(の自然対数)を求めるとします。治癒率が50%になるときの投与量は、ED50(Effective Dose 50)と呼ばれています。この例では、十字ツールを使用して、グラフ上で逆推定の大まかな値を求めてみます。
治癒率が50%となる「Ln用量」を求めるには、次の手順に従います。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Penicillin.jmp」を開きます。
3.
「反応」を選択し、[Y, 目的変数]をクリックします。
4.
「Ln用量」を選択し、[X, 説明変数]を選択します。
「度数」が自動的に[度数]に設定されます。これは、[度数]の役割が、あらかじめ「度数」列に割り当てられているためです。
5.
[OK]をクリックします。
7.
まず、縦軸(「反応」)が0.5となる位置に十字ツールを合わせ、次に、ロジスティック曲線との交点まで、カーソルを動かします。
この例では、「Ln用量」の値が約-0.9のときに、治癒率と致死率が等しくなります。
図7.10 ロジスティックプロット上の十字ツールの例