Yが順序尺度の場合、順序性を考慮したロジスティック回帰が行われます。応答変数が特定の水準以下になる累積確率がロジスティック曲線で表されます。どの水準に対しても曲線の形状は同じで、ただ水平方向に位置がずれているだけです。
順序ロジスティックモデルでは、応答変数の水準数をrとしたとき、累積ロジスティック曲線のr - 1個の異なる切片を推定しますが、傾きは1つです。実際に必要になることはまずありませんが、各パラメータ推定値を個別に検定することも可能です。