1.
「表の作成」の横にある赤い三角ボタンをクリックし、[テスト集計パネルの表示]を選びます。
2.
図8.12 に示すように、「標本サイズ(>1)または標本抽出率(<1)」の下のボックスに、標本のサイズを入力します。標本のサイズは、アクティブなテーブルに対する割合、または新しいテーブルの行数のどちらかとして認識されます。
図8.12 テスト集計パネル
3.
[リサンプリング]をクリックします。
4.
JMPデータテーブルでサンプリングされたデータを確認するには、[テストデータの表示]ボタンをクリックします。テスト集計パネルを非表示にすると、データテーブルのすべてのデータを使って表が再生成されます。