グループ列の値に欠測値がある場合、そのオブザベーションはデフォルトでは表に含まれません。[グループ変数の欠測値を含める]オプションをクリックすると、それらのオブザベーションを含めることができます。
欠測値として扱うコードまたは値を指定するには、「欠測値のコード」列プロパティを使用します。[グループ変数の欠測値を含める]オプションをクリックすると、それらのオブザベーションを含めることができます。欠測値のコードの詳細については、『JMPの使用法』の欠測値のコードを参照してください。