この例では「AdverseR.jmp」を使用します。このデータには、臨床試験での副作用についての情報が含まれています。このデータを使用して、有害事象(副作用)の条件付き関連を調べ、処置群におけるそれらの事象の相対リスクを対照群と比較してみましょう。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「AdverseR.jmp」を開きます。
2.
[分析]>[消費者調査]>[カテゴリカル]を選択します。
3.
「副作用」を選択して、[多重]タブの[多重応答 ID別]をクリックします。
4.
「処置グループ」を選択して[X, グループ化カテゴリ]をクリックします。
5.
「患者のID」を選択し、[ID]をクリックします。
6.
[ID内で一意な値をカウント]を選択して、[OK]をクリックします。
図2.14 「条件付き関連」レポート(部分レポート)
9.
表示されるウィンドウで[PBO]を選択して、[OK]をクリックします。
10.
11.
「相対リスク」を選択して、[OK]をクリックします。
図2.15 「相対リスク」レポート(一部)
なお、[列]>[下側95%]および[列]>[上側95%]を右クリックして選択すると、相対リスク推定値の95%信頼区間がレポートに追加されます。