Cは、応答変数の水準数(クロス表における列数)です。
自由度は、(R-1)C(つまり、行数から1を引いたものに、列数を掛けたもの)です。