「パラメータ推定値」レポートは、「項」としてリストされている効果ごとに、効用関数に関する係数の推定値と標準誤差が表示されます。製品の属性に対するパラメータは、「部分効用(part-worth)」と呼ぶこともあります。起動ウィンドウで[Firthバイアス調整推定値]オプションをオンにした場合は、Firthのバイアス調整を伴う最尤推定が行われます。この推定値は、通常の最尤推定値に比べ、より良い性質をもちます。効用関数の詳細については、効用と確率を参照してください。
適合度統計量として、AICc(修正された赤池情報量規準)、BIC(ベイズの情報量規準)、(−?2)*対数尤度、(−?2)*Firth対数尤度が表示されます。これらの統計量は、モデルを比較するのに用いられます。詳細と計算式については、『基本的な回帰モデル』の付録「統計的詳細」の尤度・AICc・BIC を参照してください。
起動ウィンドウで[Firthバイアス調整推定値]オプションをオンにすると、レポートに( 2)*Firth対数尤度が表示されます。このオプションは、デフォルトではオンになっています。なお、Firthのバイアス調整を伴う最尤推定を行った場合も、行わなかった場合も、「AICc」や「(2)*対数尤度」の計算式自体には同じものが使われます。