起動ウィンドウの入力方法については、複数のデータテーブル手順1手順15を参照してください。または、以下の指示に従います。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Pizza Responses.jmp」を開きます。
2.
「選択モデル」スクリプトの緑色の三角ボタンをクリックします。
3.
「選択モデル」の赤い三角ボタンをクリックし、[被験者ごとの勾配を保存]を選択します。
図6.33 ピザのデータから計算された被験者ごとの勾配(一部)
4.
「階層型クラスター分析」スクリプトの緑色の三角ボタンをクリックします。
図6.34 ピザのデータで作成された被験者クラスターの樹形図
このスクリプトは、勾配のテーブルにある「被験者」列を除くすべての列を対象に、階層型クラスター分析を行います。いずれかのひし形をクリックすると、行が3つのクラスターに分かれていることがわかります。
5.
勾配を保存したデータテーブルに「クラスター」という列が追加されます。同じぐらいの勾配を持つ被験者が、同じクラスターに分けられます。階層型クラスター分析のその他のオプションについては、『多変量分析』の階層型クラスター分析 を参照してください。
6.
「被験者」「クラスター」を除くすべての列を選択します。選択した列を右クリックし、[列の削除]を選択します。
7.
「元データに結果をマージ」スクリプトの横にある緑色の三角ボタンをクリックします(図6.33 )。
図6.35 「被験者」データテーブルに加わった「クラスター」列
1.
「列」パネルで、「クラスター」変数の左にあるアイコンをクリックし、[順序尺度]を選択します。
2.
[分析]>[二変量の関係]を選択します。
3.
「性別」を選択し、[Y, 目的変数]をクリックします。
4.
「クラスター」を選択し、[X, 説明変数]をクリックします。
5.
[OK]をクリックします。
図6.36 クラスターと性別の分割表に対する分析
場合によっては、「クラスター」変数を含めた選択モデルをあてはめてみてもよいでしょう。