1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ] を選択し、「Lung Cancer Responses.jmp」を開きます。
このデータテーブルは、1列(「肺がん」)、2行(「Cancer」「NoCancer」)しかありません。
2.
[分析]>[消費者調査]>[選択モデル]を選択します。
3.
「データ形式」メニューから[複数のデータテーブル, 相互参照]を選択します。
4.
[データテーブルの選択]をクリックし、「Lung Cancer Responses.jmp」を選択して[OK]をクリックします。
5.
「肺がん」を選択し、[プロファイルID]をクリックします。
6.
「肺がん」を選択し、[追加]をクリックします。
図6.37 入力後の「プロファイルデータ」パネル
8.
「応答データ」アウトラインを開きます。
9.
[データテーブルの選択]をクリックし、「Lung Cancer Choice.jmp」を選択して[OK]をクリックします。
「肺がん」を選択し、[選択されたプロファイルID]をクリックします。
「選択肢1」「選択肢2」を選択し、[選択肢のプロファイルID]をクリックします。
「度数」を選択し、[度数]をクリックします。
図6.38 入力後の「応答データ」パネル
11.
「被験者データ」アウトラインを開きます。
12.
[データテーブルの選択]をクリックし、「Lung Cancer Choice.jmp」を選択して[OK]をクリックします。
13.
「喫煙」を選択し、[追加]をクリックします。
図6.39 入力後の「被験者データ」パネル
14.
[モデルの実行]をクリックします。
図6.40 「選択モデル」を使ったロジスティック回帰
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Lung Cancer.jmp」を開きます。
3.
[実行]をクリックします。
図6.41 「モデルのあてはめ」を使ったロジスティック回帰
選択モデルにおける「喫煙*肺がん」の尤度比カイ2乗検定が、ロジスティックモデルにおける「喫煙」の尤度比カイ2乗検定と一致しています。図6.40 図6.41 のレポートから、喫煙が肺がんの発病に対して高度に有意であることが分かります。詳細については、『基本的な回帰モデル』のロジスティック回帰モデル を参照してください。