1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Endometrial Cancer.jmp」を開きます。
3.
「データ形式」が[1つのデータテーブル, 積み重ね]になっていることを確認します。
4.
[データテーブルの選択]ボタンをクリックします。
5.
プロファイルデータテーブルとして「Endometrial Cancer」を選択します。[OK]をクリックします。
6.
「アウトカム」を選択し、[応答の指示変数]をクリックします。
7.
「ペア」を選択し、[グループ]をクリックします。
8.
「胆嚢疾患」「高血圧」を選択し、「プロファイル効果の作成」パネルで[追加]をクリックします。
9.
[Firthバイアス調整推定値]のチェックマークを外します。
10.
[モデルの実行]をクリックします。
11.
「選択モデル」の赤い三角ボタンをクリックし、[効用プロファイル]を選択します。
図6.42 のようなレポートが作成されます。
図6.42 子宮内膜がんデータのロジスティック回帰
要因ごとに尤比度検定が実行されています。「胆嚢疾患」が、α水準を0.05としたとき、統計的にほぼ有意であることがわかります(p値は0.0532)。また、効用プロファイルによって、応答に対する要因の影響を視覚的に確認できます。