「Daganzo Trip.jmp」に保存されているDaganzoのデータを見てみましょう。このデータテーブルには、3通りの交通手段のそれぞれにかかる時間と、各被験者が選択した交通手段が記録されています。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Daganzo Trip.jmp」データテーブルを開きます。
図6.43 はその一部です。
図6.43 3つの交通手段を使ったDaganzoの移動時間(一部)
まず、「選択」の番号を交通手段の名称に変換する必要があります。これは、計算式エディタにあるChoose関数を使えば、以下の手順で簡単に行えます。
2.
3.
「列名」に「選択した交通手段」と入力し、「尺度」を[名義尺度]に設定します。
4.
[列プロパティ]をクリックし、[計算式]を選択します。
5.
[関数(グループ別)]の中から[条件付き]を選択し、[Choose]をクリックします。次に、カンマキーを2回押して関数に引数を追加します。
6.
「式」の枠をクリックした後、「選択」列をクリックしてChooseの計算式(「式」)に挿入します。また、「節」入力ボックスをダブルクリックして「"Subway"」、「"Bus"」、「"Car"」と(引用符も含めて)入力します(図6.44 )。
図6.44 Daganzoのデータの「選択した交通手段」列にChoose関数を適用
7.
「計算式エディタ」ウィンドウで[OK]をクリックします。
8.
「列の新規作成」ウィンドウで[OK]をクリックします。
データテーブルに新しい「選択した交通手段」列が表示されます。各行には、各被験者によって選択された選択肢が含まれています。次に、各被験者の識別番号が含まれている列を作成します。
9.
10.
「列名」に「被験者」と入力します。
11.
「データの初期化」のドロップダウンメニューを開き、[シーケンスデータ]を選択します。
12.
[OK]をクリックします。
変更後のテーブルは、図6.45 のようになります。
図6.45 Daganzoのデータに「選択した交通手段」と「被験者」の列を追加
2.
「Subway」「Bus」「Car」を選択し、[積み重ねる列]をクリックします。
3.
「出力テーブル名」に「Stacked Daganzo」と入力します。「積み重ねたデータ列」に「移動時間」、「元の列のラベル」に「交通手段」と入力します。
図6.46 Daganzoのデータで行う積み重ね
4.
[OK]をクリックします。
図6.47 「Stacked Daganzo」データテーブル(一部)
プロファイルデータテーブルには、「被験者」「交通手段」「移動時間」の各列が必要です。
1.
「被験者」「交通手段」「移動時間」の各列を選択し、[テーブル]>[サブセット]を選択します。
2.
[すべての行][選択されている列]を選択し、[OK]をクリックします。
図6.48 は、データの一部です。デフォルトのテーブル名は、「Stacked Daganzoのサブセット」です。
図6.48 Stacked Daganzoのデータのサブセット(一部)
応答データテーブルには、「被験者」「選択した交通手段」の各列と、各選択肢のための列が必要です。
3.
「Daganzo Trip.jmp」を開いたまま、「被験者」「選択した交通手段」の各列を選択します。
5.
[すべての行][選択されている列]を選択し、[OK]をクリックします。
6.
7.
「列名」に「選択肢」と入力します。
8.
[文字][名義尺度]を選択します。
10.
[OK]をクリックします。
「選択肢 1」「選択肢 2」「選択肢 3」という列が追加されています。
11.
「選択肢 1」の最初の行に「Bus」と入力します。セルを右クリックし、[初期値を埋める/挿入]>[テーブルの末尾まで入力]を選択します。
12.
「選択肢 2」の最初の行に「Subway」と入力します。セルを右クリックし、[初期値を埋める/挿入]>[テーブルの末尾まで入力]を選択します。
13.
「選択肢 3」の最初の行に「Car」と入力します。セルを右クリックし、[初期値を埋める/挿入]>[テーブルの末尾まで入力]を選択します。
図6.49 のようなテーブルになります。
図6.49 Daganzoのデータのサブセットに選択肢集合を追加
元の「Daganzo Trip.jmp」テーブルを2つのテーブルに分けたところで、「選択モデル」プラットフォームを実行します。
2.
「データ形式」メニューから[複数のデータテーブル, 相互参照]を選択します。
3.
図6.50 のとおりにモデルを指定します。
4.
[モデルの実行]をクリックします。
図6.51 Daganzoのデータの「移動時間」に対するパラメータ推定値