図6.12 [1つのデータテーブル, 積み重ね]データ形式の起動ウィンドウ
「選択肢集合ID」列と共に使用したときに、各選択肢集合を一意に示すことができる列。たとえば、「選択肢集合ID」の値が1である選択肢集合が2つあったとします。一方の「調査」の値がAで、他方の選択肢集合の「調査」がBであるなら、「調査」を[グループ]列に指定します。
「プロファイル効果の作成」パネルについては、『基本的な回帰モデル』モデル効果の構成を参照してください。
「被験者効果の作成」パネルについては、『基本的な回帰モデル』モデル効果の構成を参照してください。
階層型Bayes
Bayes計算の反復回数