図6.1 「選択モデル」プラットフォームの効用プロファイル
目次