「項目分析」プラットフォームは、項目反応理論モデル(Item Response Theory model; IRT model)をあてはめます。項目反応理論は、テストや調査などを分析するのに使われています。項目反応理論は、各受験者の能力を、その受験者が問題を正答する確率と関連付けます。各受験者の能力は、直接測定できないために、「潜在特性(latent)」とも呼ばれています。項目反応理論は、標準化テスト、認知テスト、消費者の選好などを調べるのに使用できます。古典的テスト理論(Classical Test Theory; CTT)は、観測されたスコアの合計に注目した分析でした。項目反応理論は、そのような古典的テスト理論に代わる手法です。
図9.1 項目分析の特性プロット
目次