[連続して観測]の場合、データテーブルの1行は1つのユニットを示し、そのユニットの因子設定が含まれます。「故障時間」行には各ユニットの故障時間を、「打ち切り」行には右側打ち切りか否かを記録してください。
[区間ごとに観測]の場合、データテーブルの各行は、因子設定と時間区間とを組み合わせたものになっています。時間区間には、「計画の設定」の「観測時間」に基づいて、「区間の下限」「区間の上限」列で構成されます。各因子設定と時間区間ごとに、「故障数」列に故障したユニット数を記録してください。