[テーブルの作成]をクリックしたときに、シミュレートした応答がテーブルに追加されます。「事前平均」で指定されたパラメータ値の確率分布から乱数を生成して、応答値が作成されます。シミュレートした応答値が指定した試験期間を越えた場合には、その応答値は試験期間の長さで打ち切られます。