なお、[1因子][連続して観測]オプションはデフォルトで選択されています。
2.
[続行]をクリックします。
3.
「因子名」の下の「X1」をクリックし、「トルク」と入力します。
「水準数」はデフォルトで「3」に設定されています。
4.
「因子の変換」で[対数]を選択します。
5.
「最高使用条件」に「35」と入力してから、「最低使用条件」に「35」と入力します。
図21.4 完了した加速寿命試験計画の指定ウィンドウ
6.
[続行]をクリックします。
7.
「トルク水準値」に、「50」、「75」、「100」と入力します。
8.
「分布の選択」[Weibull]が選択されていることを確認します。