図A.19 は、「Design Experiment」フォルダにある「Vinyl Data.jmp」データテーブルの、因子「m1」に設定されている「配合」列プロパティのパネルです。
図A.19 「配合」列プロパティパネル
擬似成分は、線形変換です。Sを、配合成分の和とします。i個の列、に「配合」列プロパティが割り当てられているとしましょう。これらの列と、これらの列から成る効果を「モデルのあてはめ」ウィンドウで効果として追加する場合を考えてみます。
ここで、Liは、Xiの下側限界
ここで、Uiは、Xiの上側限界
xiを、Xiから計算される擬似成分とします。最小擬似成分xiは、次のように定義されます。
最大擬似成分xiは、次のように定義されます。
[最小擬似成分のコード変換][最大擬似成分のコード変換]の両方を選択した場合、「モデルのあてはめ」プラットフォームは、(S L) < (US)なら最小擬似成分のコード変換、 そうでない場合は最大擬似成分のコード変換を行います。