「Design Experiment」フォルダにある「Donev Mixture Data.jmp」データテーブルのデータは、Atkinson and Donev(1992)の例に基づいて作成されました。この計画には配合因子が3つと非配合因子が1つあります。応答と因子は、次のとおりです。
配合成分は、「硫酸銅(CuSO4)」「チオ硫酸ナトリウム(Na2S2O3)」「グリオキサール」の3つ
「波長」は連続量の変数ですが、研究者は特定の3つの波長における予測値だけを調べたかったため、 3水準のカテゴリカル因子として扱っています。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Design Experiment」フォルダの「Donev Mixture Data.jmp」を開きます。
2.
「列」パネルで「硫酸銅(CuSO4)」のアスタリスクをクリックし、[配合]を選択します。
図A.20 「硫酸銅(CuSO4)」の「配合」列プロパティパネル
「下側限界」の0.2は、「硫酸銅(CuSO4)」の最小設定値です。
「上側限界」の0.8は、「硫酸銅(CuSO4)」の最大設定値です。
[最小擬似成分のコード変換]オプションが選択されています。擬似成分のコード変換を参照してください。
3.
[キャンセル]をクリックします。
4.
「列」パネルで「グリオキサール」のアスタリスクをクリックし、[配合]を選択します。
「下側限界」の0は、「グリオキサール」の最小設定値です。
「上側限界」の0.6は、「グリオキサール」の最大設定値です。
5.
[キャンセル]をクリックします。
6.
「Donev Mixture Data.jmp」データテーブルで、「モデル」スクリプトの横にある緑の三角ボタンをクリックします。
7.
[実行]をクリックします。
図A.21 「パラメータの推定値」レポート
8.
「応答 減衰率」の赤い三角ボタンのメニューから[推定値]>[予測式の表示]を選択します。
図A.22 「減衰率」モデルの予測式
「波長」がL2でありであり、かつ、 「チオ硫酸ナトリウム(Na2S2O3)」「グリオキサール」がそれぞれ低い方の値(0.2 と0)、「硫酸銅(CuSO4)」は高い方の値(0.8)に設定されているときの予測値に興味があるとしましょう。この場合、「減衰率」の予測値は、「硫酸銅(CuSO4)」のパラメータ推定値(6.191)に「硫酸銅(CuSO4)*波長[L2]」のパラメータ推定値(1.878)を足したものになります。これは、「予測プロファイル」で検証できます。
9.
「応答 減衰率」の赤い三角ボタンのメニューから[列の保存]>[コーディングのテーブルを保存]を選択します。