ある因子の値を、予測プロファイルに別の順序で表示したいとしましょう。「カスタム計画」で作成したワインの試飲の例を検討します。5人の専門家(「判定者」)がワインの味を評価した結果が「Wine Data.jmp」データテーブルにまとめられています。「判定者」は固定効果のブロック因子です。9つの因子が調査対象です。応答変数は、「評価」です。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Design Experiment」フォルダの「Wine Data.jmp」を開きます。
2.
「テーブル」パネルで、「縮小モデル」スクリプトの横にある緑の三角ボタンをクリックします。
3.
[実行]をクリックします。
図A.29 元の値の順序を使ったプロファイル
「除梗」「ろ過」の値が、「No」、「Yes」の順に表示されています。そこで、順序を逆にして、「Yes」の水準が先に表示されるようにします。
5.
データテーブルの「列」パネルで「除梗」のアスタリスクをクリックし、[値の順序]を選択します。
6.
[逆転]をクリックします。
7.
[OK]をクリックします。
8.
「列」パネルで「ろ過」のアスタリスクをクリックし、[値の順序]を選択します。
9.
[逆転]をクリックします。
10.
[OK]をクリックします。
11.
「テーブル」パネルで、「縮小モデル」スクリプトの横にある緑の三角ボタンをクリックします。
12.
[実行]をクリックします。
図A.30 新しい値の順序を使ったプロファイル
「除梗」「ろ過」の水準が、「Yes」、「No」の順に表示されるようになりました。
13.
変更を保存せずに「Wine Data.jmp」データテーブルを閉じます。