「カスタム計画」章の「カスタム計画の例」で検討したワインの試飲の実験をもう一度見てみましょう。5人の判定者が8つのワインのサンプルをそれぞれ試飲しました。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Design Experiment」フォルダの「Wine Data.jmp」を開きます。
2.
「列」パネルで「判定者」のアスタリスクをクリックし、[因子の役割]を選択します。
3.
[キャンセル]をクリックします。
4.
「列」パネルで「判定者」のアスタリスクをクリックし、RunsPerBlock([ブロックあたりの実験回数])を選択します。
図A.34 「判定者」の「ブロックあたりの実験回数]列プロパティパネル