「Design Experiment」フォルダにある「Piepel.jmp」データテーブルには、3つの連続量の因子から成る配合実験がまとめられています。この計画は、Snee(1979)およびPiepel(1988)が紹介した実験に基づき、各因子に対する制約に3つの線形制約を追加したものです。ここでは、次のような手順を行います。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Design Experiment」フォルダの「Piepel.jmp」を開きます。
2.
「テーブル」パネルで、「DOEダイアログ」スクリプトの横にある緑の三角ボタンをクリックします。
図A.35 「因子」アウトラインの下の線形制約
「X1」の隣に「85」と入力します。
「X2」の隣に「90」と入力します。
「X3」の隣に「100」と入力します。
不等式のメニューから[]を選択します。
4.
「配合計画」の赤い三角ボタンのメニューから[制約の保存]を選択します。
図A.36 制約テーブル
各列の行1~3に、因子「X1」「X2」「X3」の係数が含まれています。4行目の値は、不等式の右辺の値です。
5.
「制約 1」のアスタリスクをクリックします。
6.
[制約状態]をクリックします。
図A.37 「制約状態」列プロパティパネル
「X1」の「制約状態」パネルを見ると、不等式の向きが「greater than」、つまり「」であることがわかります。
7.
[キャンセル]をクリックします。