「Vinyl Data.jmp」データテーブルでは、応答の「厚さ」に「応答変数の限界」列プロパティがすでに割り当てられています。この列プロパティにより、「厚さ」の最大化が目標として設定されています。しかし、目標が、ビニールシートの「厚さ」を最大化することではなく、目標値を8.5として6~10の間に収めることであったとしましょう。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Design Experiment」フォルダの「Vinyl Data.jmp」を開きます。
2.
「厚さ」列を選択してから、[列]>[列情報]を選択します。
「列プロパティ」リストに、「厚さ」に割り当てられている唯一のプロパティとして「応答変数の限界」列プロパティが表示されます。リストの右側に「応答変数の限界」パネルが表示されます。
3.
[最大化]をクリックし、[目標値に合わせる]を選択します。
4.
「重要度」の値として「1」を入力します。
これは、非対称な限界の例です。「厚さ」の値の許容範囲は6から10ですが、 目標値は8ではなく8.5です。
6.
図A.8 「応答変数の限界」パネルに入力したところ
7.
[OK]をクリックします。
8.
「Vinyl Data.jmp」データテーブルで、「モデル」スクリプトの横にある緑の三角ボタンをクリックします。
「m1」「m2」「m3」は、配合因子です。また、計画には「一次単位」という変量効果が含まれています。そのため、「方法」がデフォルトで[REML(推奨)]になっています。
9.
[実行]をクリックします。
10.
「応答 厚さ」の赤い三角ボタンのメニューから[行ごとの診断統計量]>[予測値と実測値のプロット]を選択します。
11.
「応答 厚さ」の赤い三角ボタンのメニューから[因子プロファイル]>[プロファイル]を選択します。
図A.9 予測プロファイルが示す非対称な満足度関数
右端の「満足度」の上に、「厚さ」の満足度関数が表示されています。満足度は、「中間値」である8.5のときに1となります。「厚さ」が6より小さいか10より大きいと、満足度は0になります。
12.
Ctrlキーを押しながら「厚さ」の満足度のプロットをクリックします。
図A.10 「厚さ」の「応答目標」ウィンドウ
このウィンドウには、「高」、「中」、「低」の値が表示されます。また、[目標に合わせる]の目標に基づいて割り当てられた満足度の値も表示されます。図A.9 に表示されている満足度関数の曲線は、最大値、中間値、最小値が図A.10 の設定と一致しています。また、選択した目標に応じた満足度の値が割り当てられています。
13.
[キャンセル]をクリックします。
14.
「予測プロファイル」の赤い三角ボタンのメニューから[最適化と満足度]>[満足度の最大化]を選択します。
因子の設定が、「厚さ」の満足度関数を最大化するような値に更新されます。満足度関数を最大化するような設定は、他にも多数あることに注意してください。最適な設定における応答の予測値は8.5です。設定した目標値は8.5、限界は6と10でした。
15.
変更を保存せずに「Vinyl Data.jmp」データテーブルを閉じます。