仮定したモデルに含まれていない効果が、応答に影響しているケースもあります。「交絡項」アウトラインには、仮定したモデルには含めなかったものの、モデル項の推定値にバイアスを与える可能性がある効果を指定してください。計画を生成すると、「計画の評価」の下に「交絡行列」アウトラインが表示されます。交絡行列には、「交絡項」アウトラインで指定した効果ごとに、パラメータ推定値のバイアスに与える大きさが示されています。詳細については、付録「技術的詳細」の「交絡行列」を参照してください。
「交絡項」テーブルには、デフォルトですべての2次交互作用が含まれます。[交互作用]>[3次]を選択すると、3次の交互作用を追加できます。
図3.22 「交絡項」アウトライン
「計画の生成」アウトラインで[実験の回数]を6に設定し、[計画の作成]をクリックすると、「計画の評価」アウトラインが表示されます。交絡行列を見るには、「計画の評価」アウトラインを開いて、その下にある「交絡行列」アウトラインを開きます。図3.23 を参照してください。
図3.23 交絡行列