「カスタム計画」は、いくつかの基準のうちの1つを最適化していくことにより計画を作成します (最適化基準を参照のこと)。「カスタム計画」は、基準の最適化に座標交換アルゴリズム(Meyer and Nachtsheim, 1995)を用いています。このアルゴリズムは、まず、指定された計画領域内で各因子および各実験の値を無作為に選択し、初期計画を作成します。
座標交換アルゴリズムによって作成される計画は、大域的ではなく、 局所的に最適です。大域的に最適な計画を見つける可能性を高くするには、かなりの数の初期計画から、座標交換アルゴリズムを実行する必要があります。Goos and Jones(2011, p. 36)は、作成する計画が非常に小さい場合を除き、少なくとも1000セットのランダムな初期計画から開始するように推奨しています。初期計画の数は、[開始点の数]オプションで変更できます。開始点の数を参照してください。「カスタム計画」は、作成されたすべての計画の中から、最適化基準が最大となっている計画を選択します。