メモ: 「被覆配列」の場合は、「被覆配列」を参照してください。
「因子の制約を定義」によって、計画の領域を制限することができます。制約をロードした場合、またはスクリプトの一部に制約を含めた場合を除き、デフォルトでは、制約を[しない]オプションが選択されています。次のいずれかのオプションによって、何らかの制約を指定することができます。
メモ: 線形制約を含むスクリプトを計画に保存すると、その線形制約は等しいかまたは小さいを意味する不等式()で表されます。
1つまたは複数の線形不等式の制約を入力するには、[追加]ボタンをクリックします。
「フィルタ因子の追加」リストで因子を選択し、[追加]をクリックします。次に、スライダを使う(連続変数の場合)か、水準を選択して(カテゴリカルの場合)、許可しない組み合わせを指定します。
[ブロック表示]は、各水準をブロックとして表示します。
[リスト表示]は、各水準をリストの項目として表示します。
[単一カテゴリ表示]は、各水準を表示します。
[チェックボックス表示]は、各値の隣にチェックボックスを追加します。
[検索をクリア]は、検索処理の結果をクリアし、パネルを元の状態に戻します。
[大文字/小文字を区別]は、入力した文字列の大文字と小文字を区別して検索します。
[指定の文字列を含む]は、入力した文字列を含んだ値を検索します。
[指定の文字列を含まない]は、入力した文字列を含まない値を検索します。
[指定の文字列で始まる]は、入力した文字列で始まる値を検索します。
[指定の文字列で終わる]は、入力した文字列で終わる値を検索します。
この場合、スクリプトウィンドウに、(Exp(X1) + 2*X2 < 0) & (X3 == 2)という式を入力します。
図3.20 スクリプトエディタに式を入力したところ