単体格子計画は、実験点を三角形のグリッド上に均等に配置した計画です。順に i / mの値を因子に割り当てる方法です。mを水準数、iを0~mの数値とし、すべての因子の合計を1とします。たとえば、水準数mを3に指定した計画では、因子の水準が0、0.333、0.667、1に設定されます。
3.
[続行]をクリックします。
4.
[単体格子計画]をクリックし、計画を生成します。
図12.10 5次の3因子単体格子計画
5.
[テーブルの作成]をクリックします。
6.
計画テーブルで、[グラフ]>[三角図]を選択します。
7.
X1X2、およびX3を選択し、[X、プロット]をクリックし、[OK]をクリックします。
図12.11 単体格子計画の三角図