3.
図12.12 のように5因子の範囲を設定し、[続行]をクリックします。
図12.12 5因子の範囲
4.
「次数」テキストボックスに「4」と入力し、[端点計画]をクリックします。
図12.13 端点計画の「計画の表示と変更」パネル
6.
「希望の標本サイズを選択」テキストボックスに「10」と入力し、[サブセットの検索]をクリックして計画を生成します。
メモ: [サブセットの検索]は、(座標交換ではなく)行交換によって最適な行のサブセットを探します。
図12.14 実験回数10のD-最適化端点計画
7.
[テーブルの作成]をクリックします。
8.
計画テーブルで、[グラフ]>[三角図]を選択します。
9.
X1X2X3X4X5を選択し、[X、プロット]をクリックし、[OK]をクリックします。
図12.15 5因子計画の三角図(一部)
2.
図12.16 のとおりに、X1、X2、X3に値を入力し、[続行]をクリックします。
図12.16 SneeとPiepelの例の因子の値と線形制約
3.
[線形制約]を3回クリックします。図12.16 のとおりに制約を入力します。
4.
[端点計画]ボタンをクリックします。
5.
[テーブルの作成]をクリックします。
6.
計画テーブルで、[グラフ]>[三角図]を選択します。
7.
X1X2、およびX3を選択し、[X、プロット]をクリックし、[OK]をクリックします。
図12.17 Piepelの例の三角図
XVERT手法は、まず、範囲が狭いほうからnf-1個までの因子の下限と上限を使い、実験数2nf-1の完全実施計画を作成します。次に、因子の合計が1であるという制限に基づいて残りの1因子の値を計算します。因子範囲の外にある点が維持されます。値が範囲外であれば、その値を範囲の中に納まるように増加または減少させ、他の各因子を同じ大きさだけ減少または増加させます。この手法は、当初の制約を満たしている点をすべて維持します。
このアルゴリズムによって、因子の制約によって定義された単体の中で、実行可能な領域を構成する各端点を形成します。Snee(1975)は、実行可能な領域の頂点と面の重心も含めることが役立つことを示しました。n次元の実行可能な領域の面は、nf-n個の境界によって定義され、面の重心はその面を構成する端点の平均値として定義されます。このアルゴリズムは考えられるすべての境界条件を生成し、そこで生成された端点全体の平均を生成することになります。