図12.5 には、成分P1、成分P2、成分P3が描かれています。0(0%)~1(100%)の各比率の範囲において、これら3成分には制約がありません。3つの点において、その座標(P1, P2, P3)が示されています。そのうちの1点(0.2、0.2、0.6)には、青い線が描かれています。この青い線と軸との交点を見ることにより、各軸での値を確認できます。
図12.5 三角図の例