[信頼性試験計画][信頼性実証]を使用して、信頼性試験と信頼性実証(reliability demonstration)に必要な標本サイズを計算できます。