「標本サイズと検出力」プラットフォームでは、1標本の平均または割合、2標本の平均または割合、1標本の標準偏差、k標本の平均、あるいはユニットあたりの度数に対する実験を計画できます。
[実験計画(DOE)]>[計画の診断]>[標本サイズ/検出力]を選択すると、統計的検定の種類を選択するためのパネルが開きます(図16.1 )。数値と計算方法を指定する方法を紹介します。
図16.1 状況の選択