最初に表示される「標本サイズ」の選択リスト(図16.1 )で[1標本平均]または[2標本平均]を選択すると、「標本サイズと検出力」ウィンドウが開きます (図16.2 を参照)。
「検出力と標本サイズ」ウィンドウでは、「Alpha」「標準偏差」(誤差標準偏差)を入力する必要があります。また、「検出する差」「標本サイズ」「検出力」のうち1つまたは2つを入力します。すると、入力していない項目が計算されます。入力していない項目が2つある場合は、次のような形で項目の関係を表すプロットが作成されます。