「標本サイズと検出力」ウィンドウ(図16.1 )の[1標本標準偏差]オプションを使用すると、1標本の標準偏差に対する検定に必要な標本サイズを求めることができます。また、1標本の標準偏差を検定するときに、標本サイズをどの程度にすれば第2種の誤りの確率(β)が小さくなるかも調べることができます (「第2種の誤りの確率」とは、帰無仮説が偽であるのに、その偽である帰無仮説を棄却できない確率です)。
メニューから[大きい]または[小さい]を選択し、検出する変化の方向を指定します。