JMPで作成される主効果スクリーニング計画は、釣り合い(バランス)が良くなるように、カイ2乗効率を基準として作成されます。カイ2乗効率を参照してください。殆直交計画は、モデルが主効果だけの場合に好ましい統計的性質を持ちます。
実験回数がnで、p個の因子を持つ計画があったとします。なお、各因子は、計画行列の各列に対応しています。
因子klにおける水準をそれぞれとします。
kと列lのペアにおいて、水準の組み合わせ(a,b)が出現する回数をとします。
kと列lのペアにおける直交性からのズレが、次式によって計算されます。
また、χ2の最大値()が計算されます。計画のカイ2乗効率は、次のように定義されます。