「出力オプション」パネルで、出力データテーブルの詳細を指定できます。指定したら、[テーブルの作成]をクリックして計画のデータテーブルを作成します。図8.17 は、「計画のリスト」から標準的な計画を選択したときに表示される「出力オプション」パネルです。主効果のみに対するスクリーニング計画では、「実験の順序」だけが表示されます。
図8.17 出力オプションの選択
「実験の順序」オプションでは、出力するデータテーブル内における実験の順番を指定します。選択肢は次のとおりです。
データテーブルの行が、設定したブロックの中でランダムに並べ替えられます。([主効果スクリーニング計画の作成]を選択した場合は、使用できません。)