「応答」パネルに「Y」というデフォルトの応答が1つ表示されます。このデフォルトの応答をそのまま使用します。
2.
「因子」パネルで[カテゴリカル]をクリックし、[4水準]を選択します。
水準L1~L4を持つ変数X1が追加されます。
3.
[カテゴリカル]をクリックし、[6水準]を選択します。
水準L1~L6を持つ変数X2が追加されます。
4.
「N個の因子を追加」の右側のボックスに「11」と入力します。
5.
[連続変数]をクリックします。
X3X13の計11個の因子が追加されます。これらの因子は2水準(-1と1)になっています。
6.
[続行]をクリックします。
7.
[計画の作成]をクリックします。
メモ: この計画を生成するアルゴリズムは、ランダムな開始点を使用しています。同じ計画を再現するには、レポートタイトルの赤い三角ボタンのメニューから[スクリプトをスクリプトウィンドウに保存]を選択し、スクリプトを乱数シード値とともに保存します。
9.
カラーマップ(図8.10 )の対角要素には赤いセルが表示され(JMPのデフォルトの色を使用している場合)、相関が1であることが示されています。対角要素のセルは、同じ項同士の相関を表しているため、1となります。非対角要素はすべて青なので、異なる項の間の相関がゼロであることがわかります。マウスのカーソルをセルの上に置くと、該当する2つの項と相関の絶対値が表示されます。
図8.10 相関のカラーマップ
10.
[テーブルの作成]をクリックして、計画のデータテーブルを作成します。
実験がランダムな順序で並べられたデータテーブルが表示されます。このランダムな順序に従って実験を行い、結果を「Y」列に入力します。データテーブルの「モデル」スクリプトを実行すると、結果を分析できます。