データにノイズ(ランダムな誤差)が存在する場合なら、予測値の分散を最小化することが実験の目標になります。決定論的システムの実験では、ノイズによるデータのばらつきはありませんが、バイアスは生じます。バイアスとは、近似モデルと真の数学的関数との差を指します。Space Filling計画の目標は、バイアスを小さくすることです。
[Space Filling計画]には、次のような手法が用意されています。