最小ポテンシャル計画は、球の中で点を拡散させます。この計画の仕組みを理解するために、図20.17 のように、各点を互いにバネでつながった電子とみなしてください。クーロン力が点を引き離そうとしますが、バネの力が互いをつなぎ止めています。最小ポテンシャル法は、システムのポテンシャルエネルギーが最小になるように計画点を配置します。
図20.17 最小ポテンシャル計画
因子を参照してください。
4.
[続行]をクリックします。
5.
計画手法を指定するためのパネル(図20.18 の左)で、標本サイズ(「実験の回数」)を指定します。この例では、12とします。
6.
[最小ポテンシャル]ボタンをクリックします。計画が作成され、実験および診断統計量が表示されます(図20.18 の右)。
図20.18 Space Filling計画の手法と最小ポテンシャル計画の診断統計量
7.
[テーブルの作成]をクリックします。
1.
計画のデータテーブルを作成した後、[グラフ]>[三次元散布図]コマンドを選択します。
2.
「三次元散布図」起動ダイアログボックスで[X1][X2][X3][Y, 列]に指定し、[OK]をクリックします。すると、計画点を三次元に配置した散布図が作成されます。
3.
図20.19 のような結果を得るため、次の手順を行います。
プロットを右クリックして[設定]を選択し、「マーカーサイズ」のスライダを右に動かします。
図20.19 球体上に表示した最小ポテンシャル計画の点