1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Design Experiment」フォルダの「Borehole Factors.jmp」を開きます。
3.
図20.25 試錘孔の例で使用する因子値をロードした「因子」パネル
メモ: rrwの対数を因子として使用しています。
4.
[続行]をクリックします。
6.
[球の詰め込み]をクリックして、計画を作成します。
7.
[テーブルの作成]をクリックして、実験の因子設定を記録したテーブルを作成します。
8.
(オプション)この例の完成したデータテーブルを見るには、[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Design Experiment」フォルダの「Borehole Sphere Packing.jmp」を開きます。