効果の階層性(effect hierarchy)の原則は、「応答変数の変動の多くは、主効果(1次効果)だけによって説明できる傾向にある」という原則です。この原則では、2次効果、つまり、交互作用項や2乗項は、主効果よりも影響が弱いと仮定します。より高次の項に関しても、高次になるほど効果が弱くなると仮定します。