[テーブルの作成]をクリックすると、図13.12 のようなJMPテーブルが表示されます。データテーブルでは、各行が1回の実験を表しています。変数「パターン」の値で、プラス(+)記号は高水準、マイナス(-)記号は低水準を示します。
図13.12 8因子のL12計画のタグチ計画