モデル行列。「カスタム計画」章の「モデル行列」を参照してください。カスタム計画には、モデル行列を表示するスクリプトがあります。「カスタム計画」章の「X行列の保存」を参照してください。
s2
Xi番目の行。
この表記を使うと、Xの第i行に対する応答の予測値は、次式によって求められます。