各点から、起動ウィンドウで選択したX変数とZ変数が形成する平面へ、垂線が引かれます。
デフォルトでバイプロット線が表示されます。バイプロット線を削除するには、赤い三角ボタンをクリックし、開いたメニューにある[バイプロット線]をクリックします。主成分の詳細については、『多変量分析』の主成分分析を参照してください。
[主成分分析]と同じように)主成分が計算されますが、主成分スコアの分散が1になるように標準化が行われます。このオプションがオフになっている場合、スコアは対応する固有値と等しい分散を持ちます。
指定した数の主成分スコアが、データテーブル内の新しい列に保存されます。列には、主成分の計算式も含まれます。成分リスト内にn個の変数がある場合は、「主成分1」「主成分2」、...「主成分n」というn個の列が作成されます。
回転成分スコアがデータテーブル内の列に保存されます。列には、計算式も含まれます。n個の回転成分を保存すると、「回転1」「回転2」、...「回転n」というn個の回転成分列が作成されます。