Y(統計量)変数が2つ以上あるときに、1つのグラフに重ね合わせたチャートが作成されます。統計量にそれぞれ異なる種類のチャート(たとえば折れ線グラフと棒グラフ)を割り当て、1つのプロットに重ね合わせることができます。[重ね合わせ]はデフォルトで選択されています。一番端のチャートだけに軸ラベルが表示されます。[重ね合わせ]が選択されていない場合は、各チャートで同じ軸ラベルが使われます。
横のチャートを縦([縦チャート])に変更し、縦のチャートを横([横チャート])に変更することができます。このコマンドは、レポート内のすべてのチャートに適用されます。円グラフは棒グラフに変換されます。
サブグループの水準を表す棒がつなげて表示されます。このオプションは、[カテゴリ, X, 水準]変数を2つと統計量を指定したときのみ使用できます。積み重ねた棒グラフの作成に例があるので参照してください。
各オプションについてはY値オプションで説明されています。個別のY変数にオプションを適用する場合は、まずその変数の凡例を強調表示します。
プロットにラベルをつけます。[ラベルオプション]メニューの最初の2つ([ラベルを表示][ラベルの削除])は、ラベルのオン/オフを切り替えるオプションです。残りの3つ([値ラベル][パーセント値ラベル][行ラベル])は、表示するラベルの種類を表します。複数のラベルを同時に表示することはできません。ラベルオプションは、チャート内を右クリックして表示させることもできます。
プロットされている水準の凡例が表示されます。[軸を別々に表示]オプションが選択されている場合、このオプションも自動的にオンになります。