「Stock Prices.jmp」は、日付と株価の推移をまとめたデータテーブルです。「年週」という変数に、計算式によって年と週を組み合わせた値が含まれています。株価の高値、安値、平均終値を示す範囲チャートを作成してみましょう。各週にはデータが2日分以上ありますが、終値については平均をプロットすることにします。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Stock Prices.jmp」を開きます。
2.
3.
「年週」を選択し、[カテゴリ, X, 水準]をクリックします。
4.
「高値」を選択し、[統計量]をクリックします。
5.
統計量のメニューから[最大値]を選択します。
6.
「安値」を選択し、[統計量]をクリックします。
7.
統計量のメニューから[最小値]を選択します。
8.
「終値」を選択し、[統計量]をクリックします。
9.
統計量のメニューから[平均]を選択します。
10.
[OK]をクリックします。
12.
凡例にある「平均(終値)」を右クリックし、[点をつなぐ]を選択します。
図13.19 範囲チャートと折れ線グラフの組み合わせ